So-net無料ブログ作成
検索選択

シンポや勉強会に参加してます [日誌]

先先週末
名古屋は国際会議場
新品種発表会&茄子・トマト・ピーマンの栽培についての勉強

先週末
東京は秋葉原の大ホール
省エネルギー栽培についてのお勉強

今週末
千葉 幕張のアグロイノベーション(農業ビジネスショー)に出席
その後、土曜には鹿児島。日曜のお茶っ葉シンポに


秋作と冬作の合間に面白そうなシンポ目白押しだったので、ガンガンと行ってます。
移動経費は殆ど全て自腹ですが。。。
投資ですよ  投資^^

また時間をまとめ、写真を載せて色々と紹介してみたいと思います。

バケツ稲 稲刈りイベント [日誌]

先週の日曜日という、少しばかり古いネタです。
単に先週更新してなかったからというオチ ^^;

10月31日 バケツ稲の稲刈りを行いました。
6月末の田植えから5ヶ月弱、ようやく収穫に漕ぎ着けた。
・・・強烈な猛暑の影響で1/3のバケツ稲は枯れちゃいましたけど。

参加者に稲刈りの段取り説明と、安全に気をつけるようご連絡。
ちびっ子多いので、稲刈りは鎌ではなくハサミで行います。

DSC00095.JPG


DSC00096.JPG
かなり真剣に刈り取り中 ^^


刈り取った稲は昔ながらの自然乾燥

DSC00097.JPG



稲刈り終了後、イベント会場である直売所からオニギリ&味噌汁を提供していただきました。

DSC00099.JPG


DSC00098.JPG
ちびっ子 食べる食べるw

今月21日に脱穀&籾摺り作業並びに精米を行います。
その後、収穫した御飯を炊いてオニギリとし、皆で仲良く食べる予定 ^^
ちょっとお米足りないので、コッソリとお米は追加しておきますw

種まき作業の強い味方 [日誌]

ここんとこ更新サボり気味です・・・

播種・定植・収穫
それ以外に営業行ったり懇談したり、シンポに参加したり
スイマセン、単なる言い訳ですw

ホウレン草などの播種作業。手では結構な時間を食います。
綺麗に均等に種を撒こうとすると2時間かかったり。

そんなこんなで、最近はこんな道具使ってます。

DSC00068.JPG
ミノル製 播種機

DSC00069.JPG



使用感
はやーーーーーーーーーーーい!
2時間かけてたのが10分で終わってしまいます。
微妙に発芽率は悪いけど、そこは調整次第かな? ^^;

ここ最近の収穫作物 [日誌]

DSC00086.JPG
市内にある直売所、本日3周年記念です。
私の就農開始と共にオープンですので、共に歩んでいるような ^^;


4種類の茄子を栽培しておりますが、ここ最近は
DSC00087.JPG
長茄子が最も綺麗。色・ツヤ・形  共によい感じ。
最も多く栽培している”千両二号”は気温低下によって秀品率が下がる一方なのに、長茄子は絶好調。
品種による性格の差なのでしょうか?


DSC00090.JPG
ホウレン草
ようやく秋作も収穫できるようになりました(猛暑により播種しても発芽と同時に枯れていた)。
チョット肥料効きすぎかもだけど、色もツヤも良い感じです^^


そして大物収穫であります
DSC00083.JPG
黒豆(丹波黒)
この黒豆は実験として、播種部分のみ極浅く耕耘した以外はなにもしていない(不耕起栽培)。
畝も立てず、土寄せもせず、除草も草刈機を一度通しただけ。
そしてチッソ換算にして反当り2kg程度の施肥を施したのみ。
ほとんど自然農法に近い状態で栽培してみました。
何もしていないこの圃場が最も生育がよく、収量も他の圃場と比べても断トツで多そう。
元の土質にもよりますが、豆類と不耕起栽培の相性はかなり良さそうであります。

とりあえず、黒豆ではなく枝豆として収穫しています。
こちらのほうが単価高いのと、この圃場は来月上旬から麦を植える関係上、早く更地にしなければならない。

DSC00084.JPG
猛暑による生育不良を懸念していましたが、結構な量の鞘が付いています。

DSC00085.JPG
とりあえず本日は軽トラ一杯分。
沢山取ったつもりでも、10aの圃場のうち1/10しか収穫していません。
あと10日間で全部取りきらねば・・・結構キツイです^^;

播種作業の相棒 [日誌]

セルトレイに種をまいていく場合、手作業ではかなり時間がかかります。
単に撒くだけなら早いもんですが、1セルにつき2~3粒ずつとなると難しい。

そんなわけで、ここ最近はこのような道具を活用しています。

DSC00062.JPG
製造メーカー:みのる
商品名:エコ撒っく

DSC00063.JPG
あらかじめ種を落としやすいよう、セル内の育苗用土は少し凹ませ

DSC00062.JPG
ユックリと前進させれば2~3粒ずつ種が落ちる


種入れディスクのサイズによって、トマトあたりから小松菜あたりまで簡便且つ速やかに播種作業を行うことが出来ます。
中々、使い勝手がよく重宝 ^-^

野菜幼稚園 [日誌]

来月~年末年始辺りの収穫に向け、軟弱野菜を絶賛育苗中。
ハウス内は野菜達の幼稚園と化しています。

DSC00078.JPG
結球レタス


DSC00079.JPG
春キャベツ


DSC00080.JPG
リーフレタス5種類混ぜ合わせ


来週辺りから定植作業にかかるわけですが。。。
全部で5000株近くあるという(汗
定植終わる頃には腰折れてそうですw

これらの定植が終わる頃、今度はミニ白菜の定植が始まってしまう。
お天気と相談し、効率よくチャッチャカ行いたいもんです。

カカシ作り [日誌]

農業イベントとして、昨日は直売所主催によるカカシ作り教室に参加しました。
一応、自分は先生役ということです。
(実はカカシ作るのって凄く久しぶりだったのはナイショですw)

バケツ稲から始まった農イベントですが、参加者一家とも気さくに会話しております。
特に、えらく人懐っこい一家といいますか、娘さん2人。ベッタリくっ付いてくる ^^;
8歳ぐらいの頃って。。。人見知りするんじゃないのかな~と思いつつ、やはり懐かれると嬉しい。

DSC00047.JPG
竹棒2本と古着を用い、皆さん思い思いに製作中

どちらかといえば子供より親御さんのほうが製作に夢中であるというw


完成後、発表会へと移ります。

DSC00050.JPG
可愛いカカシを作ったお母さん ^^

DSC00049.JPG
先生作。。。時間が無かったとはいえセンス無さ過ぎ!


そして個人的最優秀賞

DSC00054.JPG
ハロウィンかよ! なカカシw
実用性はともかく、明確な製作ポリシーを評価したい ^-^

秋トウモロコシとブロッコリー定植 [日誌]

10月中旬辺り出荷を狙い、秋トウモロコシを栽培中。

20100905174536_b.jpg


この猛暑で秋とはいえ夏場と同じような成長速度。
10月上旬には実がつくかもしれません。

10月下旬~11月上旬出荷のトウモロコシも作っていますが。。。
20日以上にもわたる晴天続きであり、潅水を行ってもすぐ乾く。完全に発芽は揃いませんでした。
600本のうち、ちゃんと生育するのは400本程度かも?


年末から2月出荷に向け、ブロッコリーの定植行っています。

DSC00044.JPG
今年は2400本ほど栽培。

昨年の300本から一気に8倍なわけで、播種作業はそんなに大変ではなくとも定植は8倍大変^^;
3日頑張ってやっと半分(汗

DSC00045.JPG
植えても植えても終わりませんw
2畝定植終了後、液肥を極々薄く混ぜた潅水を行っていきます。
こういう時は流石に助っ人が欲しいですね。


3年前、苗から育てたイチジクも収穫時期を迎えました。
一つ試食してみると・・・  結構美味い ^^
植物系堆肥を反当り6トン投入した成果かな?

秋作と冬作準備 [日誌]

昨日の台風一過から太平洋高気圧も多少遠慮してくれたのか、本日は涼しい一日。
とはいっても気温32℃という真夏日ですが。。。
湿度が低く、35℃以下ならこうも涼しいのかと。人間の慣れとは凄いもんですw


研修生が圃場見学に [日誌]

昨日、新規就農希望の研修生が当方の圃場へ見学に来られました。

人を介しての連絡であり、「研修生」 としか聞いてなかったんで、てっきり男だとばかり。
実際はお若い女性であったという ^^;;

ご両親も何らかの形で農業に携わっているのかと思いきや、全く無いとのこと。
つまり、本当の意味で完全新規就農者であり、圃場確保や農機具購入はゼロからのスタートです。
そして更に驚くべきことに、他県から単身研修に来られている。

なんというか・・・凄い情熱&根性と、それを可能とする若さ  ですね。
ご両親はよく反対しなかったもんだ。自分なら他県に単身だと反対しそうw


前回見学に来られていた学生集団といい、今回の研修生といい、女性パワーは凄い。
将来、日本の農業は女性が担うかもしれません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。