So-net無料ブログ作成
検索選択

原発について 本日13日参院予算委員会 [時事ネタ]

参院予算委員会 衛藤議員の質問に参考人として青山氏が答弁。
氏は原子力安全委員会・安全部会に所属する専門家として答弁しています。



衛藤議員の質問をノーカットでご覧になりたい方は、参院予算委員会動画から
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
5月13日 予算委員会動画をクリックし、1:35分後あたりから始まる映像をご覧ください。
若しくは、発言者一覧から衛藤議員をクリックすれば直接ご覧になることができます。

先月末、福島第一原発内の映像をTVでご覧になられた方も多いと思われます。
地震・津波による凄まじい被害であっても、原子炉建屋はほぼ原形を保っていた。
今回の水素爆発に起因する大勢の避難民・広大な被災地域は人災の側面が非常に強い。

原発について、現状維持or反対と考えることは個々の判断としても、天災による被害と人災による被害とは分けて考えねばなりません。
今回の事故に至った原因は、天災による被害もさることながら、それはあくまでも副次的であり、直接的な原因は判断ミス・操作ミスなどによる人災である可能性が非常に高い。
適切な時期に適切な対処が迅速に行われていれば、ベント開放による放射性物質放出は避けられないとしても、スリーマイル島事故より軽微なレベル4で収束できた可能性が高い。

レベル4の事故で抑えられたかもしれない事故が、暫定とはいえレベル7と発表される事態となった。
レベル7は必然ではなく、不作為の行為、若しくは根本的に間違った行政判断から招かれたやもしれません。

これは昨年の口蹄疫と同じく、防げたはずの事態を防げなかった大人災であるかのようです。

口蹄疫による被害を受けた畜産農家を蔑ろにするつもりは更々ありませんが。。。
ウィルスは駆逐すれば風評被害による影響も比較的早く終息する。
放射能という物質・イメージは、例え基準値以下に下がろうとも、一度植えつけられた風評被害はそう簡単に収まりません。
10年後、20年後も福島県および近県の農畜産物は風評被害を受けるやもしれない。
国内においては福島でも、海外なら「JAPAN」として認識されます。これが最も恐ろしい。

ニコニコ動画アンケート・・・ [雑感]

ニコニコ動画 視聴者が選ぶ「首相にふさわしい与党議員」に枝野幸男氏
http://news.nicovideo.jp/watch/nw59370

ネタとして(嫌味として)枝野官房長官がアンケートトップならいいんですけどね。
そうではなく、真面目に投票した結果がこれなら、頭痛くなりますw

震災直後から不眠不休の記者会見を評価したのでしょうが、官房長官の仕事とは記者会見に出ることなのでしょうか?
第一義の仕事は首相の守役、各閣僚との調整、記者会見は副次的な業務のはず。
そもそも、官邸には”政府報道官”という記者会見専門の役職があり、任命もされている。

記者会見に出ずっぱりということは、本来せねばならない業務が疎かになっているわけで・・・

ホテル料理長が接客メインばかりしてるようなもんですよ?
ボーイさんがしっかりいるにも関わらず です。
料理がキチンと出されているならまだしも、その料理は満足に出ていないorそもそも作っていない。そんなレストランなんて誰も評価しないでしょう。
料理長と共に、そんなマネージメントを行っている社長(オーナー)は批判の対象にこそなれ、称賛されることなどないはず。

政治家の行動をパフォーマンスなのではないかと世論はよく批判します。
しかし、何がパフォーマンスで何が仕事なのか、実は世論もよく分かっていない。

厳しい言い方だけど、よく分かっていない有権者が選んでるんだから、頓珍漢な政治家が増えることも、ある意味仕方の無い事かもしれない。この国は良くも悪くも主権在民ですからね。

被災地で救助・復旧にあたられている自衛隊も、早期に10万人規模体制を変更すべき。
24万人(しか)いないのに、40%以上の人員を割けば国防という本来業務もままならず、何よりも交代要員を確保できない。凄惨な現場なのだし、隊員のストレスが心配です。
交代無しで2ヶ月も現場勤め。普通に考えれば酷い話だと声が出てもいいはず。

本日5月1日は [雑感]

日付変わりまして、正確には昨日5月1日は ですね。

F1ドライバー アイルトン・セナの命日。
1994年5月1日だから、あれから17年。。。月日が経つのは早いっす。
享年34歳。何時の間にかというか、とっくに彼の歳を追い越してしまった。

セナは自らのヒーローであり、17年を経た本日も少しばかりおセンチです。



16歳のとき、強制的に大人にならざるを得なくなり
それから、大人モードへの変換強要な出来事が何度もあった。
いろんな方のお世話になり、いろんな方を目標にしてきた。その中の一人にセナもいる。

1995年1月17日、阪神淡路大震災当日から3週間、被災地へ赴いた。
あれが大人モード変換強要の最終課程だったような気がする。

大人的思考がサブCPUで演算可能というだけで、根は子供のままですがw


東北地方で被災に会われている人々、復旧・復興に携わっている人々。
きっと色んなこと考え、また10年後・20年後にも色々と考えるんでしょう。

頑張れ  ではなく
頑張ろう でもいいけど
「今日と明日を生きよう」 そう伝えたい。
数多くの死と正対したからこそ、今日・明日を生きましょう

亡くなられた方々には魂の安らぎを
生きる人々には、今日・明日を生き続ける勇気を

アメージング・グレイス アカペラバージョン





アメージング・グレイス  日本の風景をバックにJAZZYなバージョン




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。