So-net無料ブログ作成
検索選択

口蹄疫終息 スタートの日 [口蹄疫]

宮崎県で牛豚合わせ29万頭が犠牲となった口蹄疫。
4月20日発生確認より実に4ヶ月。
本日ようやく、ようやく終息宣言が東知事より発せられました。


関係者の皆様、本当にお疲れ様。
そして、本日から新たなスタートの日でもあります。
感無量とともに、身を引き締める思いなのではないだろうかと。


畜産業再建に向け、行政の支援及び消費者の協力を願うばかり。


口蹄疫発生・蔓延拡大の経緯、国と県の対応。
終息宣言がでたからこそ、有耶無耶になっていた事実が明らかになっていく。
または明らかにせねばならない。

色々な面で 「終わりで始まり」 なはずです。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

募金窓口と署名活動窓口、閲覧された皆様にお願い(拡散希望) [口蹄疫]

2010/07/27改訂
口蹄疫と対峙している(現在のところ)宮崎県と、地元畜産農家への義援金窓口のお知らせです。

宮崎県:口蹄疫被害に対する義援金募集
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

宮崎県という公的機関による義援金募集ですので、100%安心できると判断し、当ブログにて告知。
暫くはブログ最上部に掲載になるかと思われます。

他で活躍されている募金活動を誹謗する意図は皆無ですが、便乗募金といいますか、募金詐欺発生の可能性は0ではなく、公的な募金窓口を御紹介させていただきました。
閲覧される方々。他ブログ・街頭で募金活動の皆様。御理解御了承の程お願いします。

7/27追記 非常事態宣言は解除となりました。順調に行けば、8/27に終息宣言が出される模様です。

皆様にお願い(拡散希望)
農水省及び、現地在住の方、及び現地畜産農家さんからの訴えです。
一部メディアの報道による影響か、現地を訪れる方が増え始めたのことです。
物見遊山や好奇心は論外として、正義感・使命感からでも訪れることはお控えください。
口蹄疫は人体に影響は(まず)皆無でも、靴・服などにウィルスを付着させる恐れがあります。
車輌にもウィルスが付着し、ウィルス拡散の可能性を高めてしまいます。

殺処分・防疫処理は組織で行動し、疫病の知識を有するプロの仕事です。
決して素人が乱入してよいものではありません。畜産の経験を有する方、防疫の知識を有する方、殺処分への覚悟と体力を有する方(特に男性)、そして何よりも、防護服を着込み泊り込みで頑張れる体力と根性を有する方のみが参加可能です。
一般の皆様は口蹄疫終息宣言後、厩舎の清掃手伝い・農家への励まし・観光で訪れましょう。
終息宣言で終わりではない。畜産経営が再建軌道に乗ったその時、我々の応援は完了します。

ウィルスの潜伏期間は、牛3~5日 豚1週間とされており、他地域へ移動or帰宅された場合、新たな地域で発症を招く恐れがあることを十二分に御自覚ください。
どうしても仕事で現地を訪れる場合、必ず消毒ポイントで念入りな消毒を行うように。
もしもメディア関係者の方が当ブログをご覧になられておりましたら、報道の際は必ず上記注意事項を添えてください。
nice!(4)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スイカ [日誌]

自給用として栽培しておりますスイカ(ブラックボール)

中々によい出来なスイカを収穫できました。

DSC00042.JPG
まん丸 ^-^

色・ツヤ・形 全てよし
ペチペチ叩くと熟して詰まってる音。これは上物だ! w

DSC00043.JPG
左のスイカと比べても丸みが違う


良いものが出来れば高く売りたいと思うのが人間の性(?)

電話する
プルルーー

『もしもし、上物スイカ買わない? 今なら¥○○○○ 』

買う買う~! 早く持ってきて~~



昼食を食べ、車のエンジンをかけ、さて出発と納屋に置いたスイカを取りにいく。

無くなってるし @w@!


家族に聞く
”美味しそうだから半分に切って冷蔵庫に入れた”

orz.......


あのさ、これは売り物だと言いましたよね? 聞きましたよね?
叫ぼうが怒ろうが、切られたスイカは戻らない。。。。

左のスイカを持っていきましたよ。それもタダで!
悪くはないんでしょうけど、自分が言ったのは 「上物」 ですからね~  ^-^;;
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

茄子の潅水量 [日誌]

お盆も明け、順調に収穫を続けておりました茄子に変化が現れました。
一言で申せばツヤが減ってきた。
当方の地域ではこういうツヤのない茄子を 「ボケ」 「ボケナス」と表現し、商品価値が全く無くなるので大変気をつけます。多少形が悪い&傷があろうとも値段を下げれば売れますが、ボケは隣近所にあげるか捨てるのみ。

一般的には成り疲れ。
暑さとこれまでの着果量とで樹勢が衰えたからと考えられています。

家庭菜園などでは強剪定を行い、枝を半分~1/3ほど切り払うことで樹勢を回復し、秋茄子収穫に期待すると専門書などで書かれておりますが・・・

ど~も、今回のツヤ減少はそうではないような (・・?

通常、ボケた茄子は形も悪いし、軸の辺り(首周りと呼ばれる)付近が特にボケる。
今回は下のお尻部分や全体が薄らとボケてる。形は全く問題なく、むしろ綺麗な形状なのにボケる。

早朝の収穫時、普段なら葉はピーーーン! と45度以上の角度でそそり立っているのに、ここ最近は萎れたのかと思うぐらい平ら。
・・・・萎れた?     で、閃きましたw

DSC00039.JPG
茄子圃場の通路部分です。

夕方、通路に潅水し、朝はチャプチャプと歩きながら収穫するわけですが・・・
ここ最近、チャプチャプするほど水が貯まってない。デロンデロンorネッチョリしながら歩きます。

こ、これは・・・ 単に水が足りていないのではないか!
連日の猛暑で蒸散量が凄い+樹勢がいいので水を大量に吸い上げているのかも?
特に今は大潮期であり、自然のリズムからして樹勢はいいはず。

試しに収穫後、昼間にもかかわらず潅水を行い、梱包作業終了後の昼食前に改めて圃場に赴いてみます。
葉がピーーーーン! と立ってる ^-^v

夕方、潅水する為に再度圃場に赴くと、通路に水は殆どなく、葉はまた平ら(垂れてはいない)。

予想的中なのかどうか、明日から数日の範囲で判明するでしょう。
的中すれば嬉しい誤算(猛暑をものともせず樹勢をしっかり維持できていた)ですね ^^;

DSC00040.JPG
この実がピカピカになってくれますように。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

民主党 代表選 [雑感]

来月14日に予定されております民主党代表選挙。

何やら小沢氏の立候補を直訴するだの何だのとニュースになっている模様。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00183040.html

まぁ・・・一生懸命主張しているのは山岡元国対委員長(現副代表)である時点で ^^;;

あくまでも自分個人の勝手な予想としまして、もしも立候補すれば大接戦で惜敗。
もしかすると辛うじて勝てるのかもしれませんが、就任当初の内閣支持率は恐ろしく低い。
自ら立候補せず、樽床or海江田氏を擁した場合、大差で負け。

どちらにせよ負けるわけですが、自身が負けた場合のダメージは計り知れない。
負けた+強制起訴ともなれば政治生命はほぼ終わりなわけであり、惨めな老後を過ごす羽目となります。これは氏にとって大変まずい。見た目のイカつさと相反し、氏は世間を気にする小心者でしょうから。

自分が小沢氏の立場なら、9月は最も有利な形で勝ちを譲る(負ける)ことを考える かな?
すなわち、管総理を決して圧勝させない対抗候補者を擁立し、影響力を少しでも残す。
現在のネジレ国会を利用し、来年3月の予算をスンナリとは通させず、管総理の首と引き換えに予算案通過という形に持っていく。
予定では検察審査会も来年は全て終わっているわけであり、その時点で不起訴決定となっていれば3月に自らが立つ。小沢総理誕生と同時に民主党内に吹き荒れる粛清の嵐。


問題は、野党である自民がどのような戦略で民主党代表選に対応するのか?
世間の耳目が民主代表選に集中する今だからこそ、言葉を吟味し、簡潔かつ明快な意志を表明する必要があるでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ポンプのエンジン [日誌]

圃場の潅水時に活躍しますポンプ。

電気を通せないときはエンジンポンプを使用しています。

DSC00038.JPG
こんなの

昨日、いつものようにエンジンを始動。
始動数分後

「ぽっひゅんぽっひゅん・・・ ポフっ!」

何やら妙な音でエンジン停止

そこからはリコイルスタータ何度回そうがプラグ交換しようが再始動せず。
キャブ詰まってるのかな~と、本日分解してみましたが・・・

奇怪なヘドロが貯まってる @w@!


そのまま、農機具屋に持ち込みましたw
キャブ清掃してもらい、清掃費用その他諸々をお支払い

「原因は何すか?」 と聞くと、店のオヤジさん一言

『水が溜まっとった』  ある意味、シンプルな回答w

ガソリンタンク内壁が結露し、その水が溜まりに溜まっていった模様。
考えたら最低でも3年はキャブ清掃してないし、ヘタすりゃ購入してから一度もしてない。

機械は定期的に点検&メンテしないと駄目ですね~
ミ○ツ○゛シのエンジンは鬼頑丈だからと舐めてました ^^;;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

経営者の70%が。。。というネタ [雑感]

本日、新聞を読んでいますと興味深い記事が。

アンケートに答えた経営者の70%が中国経済に期待している”

ちょうど今頃、GDPは中国に抜かれ、我が国は世界第3位の経済国へとなるらしい。
別に抜かれて悔しいとか、反中的な価値観で書いているのではないことを先に申しておきます。

中国は投資先としては大変有望な国であり、今後10年は持続的成長が見込める

しかし、消費という市場価値が見込めるのか? これは甚だ疑問です


躍進する中国経済。前年度は8%成長を達成し、本年も5%以上の成長は確実なところでしょう。
その経済活動のうち、投資に占める割合は45%であり、これは日本・アメリカなどOECD諸国と比べても突出して高い。
投資とは一種のバクチであり、配当を生み出すこともあれば大損失を被ることもある。
堅実な経済成長とはとても言い難く、パチンコで生計を立てている家庭のようです。
かつて高度経済成長時代の日本でも、ここまで投資中心の経済ではありませんでした。
日本は今も昔も消費中心社会です。

何故中国は投資中心の経済になっているのか?
共産党政府の経済政策など、色々と原因はあるのでしょうが、最大の理由として
”中国人民(国民に非ず)は消費しないorできない” からでしょう。

現在は沈静化している模様でも、中国では賃上げストが頻発し、政府は対策に躍起となっています。
格差社会と叫ばれる日本など足元にも及ばない、超格差社会である中国。管理職・技術職などのホワイトカラーと、工員などブルーカラーとの給与差は10倍もの開きがあります。
これ、ホワイトカラーが高給を取っているというよりも、ブルーカラーの給与が不当に低く抑えられ、尚且つ昇給時期が来れば強制的に解雇されているというオマケつき。
人件費を抑え、それを価格に転嫁することで国際競争力を維持し続け、中国は世界の工場として経済発展を遂げてきました。今後もそれを続けるのならば、それは消費社会が成長しないことを意味します。

将来が不安なら、人は消費を抑え、貯蓄に回ります(貯蓄性向上昇)
少し目端の利く人ならば、貯蓄の一部を投資にまわします(投資性向上昇)
結局、消費は必要最低限に押さえていることに代わりは無い(消費性向下降)

投資中心から消費中心の経済成長に移行するには
1.雇用安定(労働基本法の制定・施行)
2.国民年金など、各種社会保障の充実
3.役人の汚職撲滅 (大衆が国家を信用できるようにせねばならない)

どれもこれも、現在の中国共産党とは相容れない政策であり、実現は非常に難しい。
つまり、躍進する経済成長は、ある日を境に動脈硬化に陥り、ポッキリいくのかもしれない。

短期はともかく、中長期的な中国経済に期待し依存することは危険を伴います。
ユニクロなど、中国進出の先駆け的な企業は中国以外の国へと生産拠点をシフトしつつある現実を直視しまょう。

個人的に、ベトナムなんて魅力的だなと感じる今日この頃  ^-^;
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

枝豆の自然栽培と光合成細菌 [日誌]

DSC00035.JPG
思いっきり夏真っ盛りな雲

暑い! としか言いようの無い日々であります。
とはいっても、先週の35度超えに比べれば、今週は33度と少しマシ。
30度だと若干涼しいと感じてしまう辺り、人間って何でも慣れるものだな~とw


ここ最近、枝豆の収穫作業を行っています。

DSC00033.JPG
単なる草むらにしか見えません ^^;

DSC00034.JPG
よく見ると枝豆発見w

この枝豆は完全有機無農薬栽培。それを通り越して自然農法に近い栽培を試しています。
元肥は自作籾殻堆肥を少量のみ施肥。後は草取りも土寄せも何もしていません。
マメ科作物は生育環境がよければ空気中の窒素を取り込み、基本放置でも育ちます。
雑草はある程度生えるとしても、枝豆の生育を阻害するほどではない。上手く共生している感じ。
心配した害虫被害も特に気にならない程度。むしろ、草取りした畝のほうが被害甚大。

そして特記するところとして、草丈はソコソコでも収穫量そのものは決して少なくない。寧ろ多いぐらい。
窒素過多でよくある 「葉ボケ」 「ツルボケ」 こういうのは一切無く、本来の生育を行ったから かな?
味のほうは・・・特別美味しいとは申しませんが、甘みは十二分に乗り、それでいてサッパリでしょうか。

欠点として挙げる事は。。。”収穫作業に時間がかかる”  雑草の中から見つけますので ^^;;
こういうやり方もあるな~と 実験的に栽培してみました(大規模栽培には適してなさそう)。



知り合いの花農家さんより教えてもらいました、”光合成細菌”
茄子畑で試しています。

DSC00036.JPG
ペットショップで売っております水質浄化剤

DSC00037.JPG
これを水を張っている通路に流し込み
太陽光と水が常に存在し、有機物(落ち葉や剪定枝)が豊富な通路だと、上手くいけば大繁殖してくれそう。

光合成細菌(PSB)について詳しい記述は下記URLからご参照ください
http://www.flying-colors.info/organic-farming/PSB.htm

秋に向かっていくにしたがい、日照量減少・気温低下による生育減退を補ってくれる らしいです。
あるバラ農家さんにおいては、このPSBを葉面散布することにより無施肥栽培を可能としているとか。
コスト面でも効果が認められれば嬉しいモンです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

不誠実な謝罪 [時事ネタ]

管総理が朝鮮併合100周年を機に、植民地支配と関連し、「心からのおわび」を表明する談話を発表。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100810-00000016-yonh-kr

色々な主義主張や経緯はあれど、外交的には既に解決している問題であり、新たな謝罪を行うのであれば、何故、この時期に述べるのか? 

『謝ったポーズとり ボクちゃんイイ人だと思われたい。歴史に残るかもしれないし』
単なる自己満足であり、偽善のそしりは免れません。
日韓共に、おわびを評価していない。ある意味、当り前の反応かと。

内政・外交を問わず、問題解決に努めるのが政治家の仕事であり、問題を起こし、悪化させるのは政治家ではなく、単なるアジテーター 煽動家に過ぎない。
ホント 何考えて政治家してるんでしょう・・・ 
CTのセンサーつけながら国会で答弁して欲しいw


一部過激な右よりの方々は、「日本は朝鮮の発展に多大な寄与をした。感謝されこそすれ非難される覚えは無い!」 という論調を展開しています。
流石にそれは言いすぎ。というか、傲慢すぎて自分は賛同できません。
左よりな主張はもっと賛同できませんが ^^;

確かに、インフラ整備や近代化を促進したことは間違いない。
しかしながら、色々と配慮はしていたにせよ、民族自決の誇りを抑圧してきたことも確か。
そして、あの時代において、他国の主権を侵害することは決して悪ではなく、世界は今よりも弱肉強食であったことも確かです。

”良いこともしたが悪いこともした。当時はそれが当り前の時代だった”

朝鮮併合は既に終わった問題であり、双方共に蒸し返すのは間違っている。
右でも左でもなく、真っ直ぐ真ん中で物事を捉えれば、こういう結論になると考えます。

日本は過去を少しばかり後ろめたく思いながらも、気にせず未来を志向しよう。
韓国は過去の屈辱に束縛されず教訓とし、前向きな思考で未来を見据えよう。

アジアで最も早く近代化を成し遂げた、先人に感謝と敬意を示し、我が日本は東アジアを代表する国家であり続けよう。」
こういう談話なら大絶賛したんですけどね。
いつか、このように言ってくれる総理が就任することを期待しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ここ一週間の出来事 [日誌]

DSC00031.JPG
圃場は夏真っ盛り

猛暑や猛烈な多忙によりブログ更新滞ってしまいました m(-_-)m


先週火曜日

DSC00025.JPG
市場視察

DSC00026.JPG
AM6:00 活気溢れるセリ風景です


その足で四国徳島県に赴き、茄子の大生産地見学を行ってきました。

DSC00027.JPG
鳴門海峡 相変わらず川みたいに潮の流れが急

栽培知識・技術もさることながら、「良いものを必ず出す」 という高いプロ意識に感銘。
ブランド産地を維持するに必要なものは、気候条件・立地条件にプラスし、高い意識であると改めて実感。


先週水曜

DSC00028.JPG
農林水産省主催 有機栽培シンポジウム

全国の生産者 自治体関係者 NPO関係者を含む300名超の参加
熱い想いで有機農業を推進する生産者集団や自治体。イマイチ熱意を感じられない国の姿勢。
農業政策の現状を垣間見ることが出来、ある意味において大変有意義なシンポジウムに参加できました。

会議終了後、日頃よりメールで意見交換をしていた方との会食も実現。
大変聡明な方であり、こちらも有意義な内容でした ^-^
素晴らしいor素敵な出会いという幸運に感謝感謝。


先週・今週と何件かの懇談会・会議・シンポに参加。
本当に有意義であります。ただ・・・睡眠時間が本当に無かったw
遅くに帰宅しても、次の日は定時の通常営業(収穫・梱包)ですので ^^;;


本日
大学生10数人による圃場体験見学&大学生からの質疑に少し返答

DSC00032.JPG


環境経済学の観点から農業を注視しており、新鮮な角度からの質問に大変刺激を受けました。
ま、自分も彼らからすれば新鮮な角度で返答したかも? 
単に暴論・極論の類だったかもだけどwww

普段、60~70代 あるいは80代の方々とばかり接する毎日ですんで、自分自身を凄く若くみていたんですよね。
でも本日は二十歳ぐらいの男子・女子と接したわけでして・・・ 真の若さに触れることが出来ましたw
良い意味で予想を裏切り、礼儀正しく前向きな若者ばかり。オッチャンも見習わないとです^^;
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。