So-net無料ブログ作成
検索選択

日本復興計画 私案 [雑感]

前回アップしました、藤井聡京都大学教授の列島強靱化論。
大変素晴らしい復興計画だと思います。

ここで僭越ながら私めの復興計画私案

・2020年 仙台オリンピック誘致

次期オリンピックは2012年ロンドン 次は2016年リオデジャネイロ
その次は未定なので、早期に仙台市を候補地としてアナウンスする。
震災から復興を遂げるという意味合いから指名を得られやすいと想像します。
競技場建設候補地としては、仙台空港周辺をメインとする。
津波で全て流された地域であり、海水・土砂流入により当分使えない広大な農地。
敗戦後の焼け野が原から、僅か19年で東京オリンピックを開催できた日本です。正しい方針で復興を遂げれば、震災後9年でオリンピック開催は十分実現可能。



・2025~30年 福島万博

放射能被害や、自然災害に打ち勝つことのできる安全技術をテーマとする。
震度7にも十分耐え、翌日から仕事や生活を可能とする超耐震構造建築。
津波に負けないスーパー堤防&防潮堤。放射能除去技術。
万博開催候補地は福島第一原発なら最高でしょう。
(流石に原発跡地は厳しいか)

戦後復興の象徴として、東京オリンピックや大阪万博が開催されたのと同じロードマップです。
戦後最大の国難であるならば、もう一度同じように復興を遂げてみせましょう。


・オリンピック後、開催地域を再開発し、2040~50年 首都機能移転

行政の中心を仙台市へと移行します。
文化経済の中心は今と同じく東京。政治の中心は仙台。
ちょうどNYとワシントンDCのような都市へと変貌させる。
霞ヶ関や国会議事堂跡地は巨大なビジネスチャンスを生み出す希望の地となり、被災地を首都とすることで震災から完全復活をアピールする。
国会議員や官僚が居住する以上、最高の防災設備が勝手に建設されるw
天皇陛下はこのまま皇居にお住まい頂けば、日本文化の中心は東京である象徴に。

オリンピック、万博、遷都
それぞれ莫大な需要を生み出し、継続的に内需拡大を遂げることが可能です。
半ば夢物語だけど、今回の震災を機に日本は再び勃興せねばなりません。
皆が幸せな生活を営むことこそが、亡くなられた方々への最高の供養だと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。